若いうちに身につけたい大人になったとき役立つスキル

若いうちに身につけたいオトナになったとき役立つスキル

自分は20代前半のころ、編集の仕事がしてみたいと思っていました。

しかし、その当時バンド活動で本気でプロを目指していたので編集の仕事で正社員の仕事に就くことはできなかった過去があります。

 

30代になった今、広告代理店で編集で入社して5年が経ちます。

 

そんな自分が若いうちに身につけていれば良かったと実感したスキルがいくつかあります。

 

今回は、2020年のコロナウイルスが流行して働き方や生活スタイルの変化を強いられても「このスキルがあれば生きていける」と言える生き方の道しるべになれば嬉しいです。

WEBやインターネットに関するスキル

WEBやインターネットに関するスキル

自分が常々、もっと早くからやっておけばよかったと思うのがこのWEBのスキルです。

 

2020年現在、インスタグラムやイチナナ、Twitter、YOUTUBEなど会社に入らず個人でお金を稼げる時代になりました。

 

上記の全てに共通するのがインターネット。

 

「パソコンとか全然わからない」

 

いや大丈夫です!!

 

YOUTBEでどうやって目立つかのブランディング能力やTwitterやインスタでのバズり方を勉強してみるだけでもありです。

 

もしパソコンを使える方なら、Googleの検索順位を上げるSEO知識を勉強しておくことで仕事に使えるスキルになります。

 

この先もインターネットがなくなることはありえませんし、より切り離せないものになってくるでしょう。

 

学生のうちは飲食店でアルバイトをするのも素晴らしいです。
ただ、飲食店の宣伝に使われているのは「ぐるなび」「ホットペッパー」「食べログ」などの検索順位で上位に常時される広告です。

 

普段見ているYOUTUBEやインスタグラムで目立っている人もたまたま当たったわけではありません。

裏側ではマーケティングやブランディングをしている方達ばかりです。

 

若いうちからネット知識を勉強しておくことでいろんなビジネスに役立てる事ができます。

 

なにより30代になった私が、遊ぶ時間を捨ててまで勉強していて「本当に若いうちから勉強しておけばよかった」と思っています。

マーケティング、SEO、MEO、WEBライティング、コンサル、プログラミング、アクセス解析
ここで話しているWEBやネットのスキルにWord、Excel、PowerPointなどは入りません。
何故なら、社会に出た時ワードやエクセルを使える人が多いので今から覚えても基本的に重宝されるスキルにならないからです。

お金の知識とカラクリのスキル

お金の知識とカラクリのスキル

 

日本の教育はお金に関して教えてくれる授業がありません。

 

ほとんどの方が社会に出て何年か経ってから少しづつ、お金に関する知識を学んでいる状況です。

 

10代や20代の内から「自分が使うお金」と「自分に入ってくるお金」がどのような仕組みで回っているかを理解しておくことで増やし方を人より早く気付くことができます。

 

自分は「人が動くことで発生する摩擦でお金は発生する。」と位置付けています。
さらに補足をすると高額なお金が動く場合は「摩擦の影響力が大きい、もしくは人の心を動かせる潜在的な要素が大きい」時が当てはまりやすいと自分は思っています。

 

お金の勉強は生きていく中で一生関わっていくことなので、若いうちから勉強しておくことで1日でも人より人生を楽しく過ごすことができます!

 

時間を有効的に使うスキル

時間を有効的に使うスキル

 

成功する人は休みの日の時間、休憩時間、家に帰ってきてから寝るまでの時間の過ごし方が違います。

自由な時間を「3か月先、または1年先に活かせる使い方をしましょう。」と急に言っても難しいですよね。

 

例えば、家から帰ってきてYOUTUBEを見たり、インスタを見て過ごしてる方は将来、なんにも価値を生みません。

 

たまにYOUTUBEで勉強をしているんだ!自己啓発の本を読んで勉強をしているだ!という方もいます。

 

いくら情報を頭に入れて知識を増やしても、生活が変らない人がたくさんいます。

 

その理由は

インプットする時間に対してアウトプットの時間が少なすぎる事です。

 

もし、家に帰ってからYOUTUBEのチャンネル作成をして動画をアップロードしていたらどうでしょうか?

 

将来再生回数が伸びて少しの収益が発生している可能性があります。

 

さらに動画をアップロードし続けることで、動画の作成時間を効率よくする方法や映える動画の撮り方が少しづつ身についていきます。

 

つまり、人が遊んでいる時間や寝ている時間にどんなけ自分の経験値を上げれるかが大切です。

空き時間を何か将来にもつながる時間に使い続けた人は必ず経験値が上がっていきます。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキル

 

ただ単にスキルを持ってても、説明が下手だったり、ビジネスマナーを持ってないと嫌煙されます。

「何故、必要なのか?」

「どうしてやりたいのか?」

自分がどのように説明されたらわかりやすいか納得できるかを客観的な立場になって説明できるとビジネスのシーンではとても役に立ちます。

 

また、この先は日本人だけではなく外国人の方とのコミュニケーションも大切です。

ホテルや観光系のビジネスをするのであれば英会話など多言語を話せるスキルがあるだけでも重宝されます。

 

【身近な一例】
京都で日本人観光客でにぎわいお年寄りの店長が経営する居酒屋さんでアルバイトをしているとします。店長はもっと売り上げを伸ばしたいと思っていますがいまいち打開策が思い浮かびません。そこで英語を話せるスタッフが1人いたらどうでしょうか?「私、英語が話せるので今までお断りしていた外国人の方も気軽に注文できるメニューを作って、今まで取り入れれなかった客層を取り入れてみてはいかがでしょうか?」と提案できるわけです。これだけでもお店からすれば他のアルバイトより重宝される人物になります。

このように何気ない日常で新しい提案をする際にもコミュニケーション能力を生かすことができます。

 

お金のスキルの時にも触れましたが、人は感動できる事や素晴らしい体験にお金を使います。

 

人に喜んでもらえるコミュニケーション能力が備われば、「あなただからお願いする」とお得意様の顧客ができます。

 

 

知名度の高いYOUTUBERでこの能力を持ってる人がいます。

 

 


↑の動画の5:30~を見ていただければ、なるほどと理解して頂けると思います。

人に求められるスキルの掛け合わせ

人に求められるスキルの掛け合わせ

 

将来、漠然としていた自分は10代から20代前半だけで10種類以上のアルバイトをしてきました。

>>過去の私の経歴を書いた記事<<

 

しかし、今の会社では編集・カメラマン・営業と3つの職種を掛け持ってわかったことがあります。

 

これからの時代は「1つのことを極めた人より、2つや3つのスキルを併せ持つ人は希少」ということです。

 

飲食店で例えるなら、接客もできて、料理も作れて、食材の発注やオープン前のセッティングできる人。

 

コールセンターで例えるなら、電話対応ができて、新人教育や求人広告の依頼をできる人。

 

通常なら仕事毎に別の人や業者を手配しないといけませんが、もし1人で済むならその人は重宝されます。

 

若いうちは失敗してもいいから、いろんな経験をして2~3個のスキルを兼ね備えた自分になれるように時間を使ってみてください。

 

まとめ

若いうちに身につけたいオトナになったとき役立つスキルのまとめ

 

昔は1つの職種をずっと続けていれば収入は増えていくと言われてたけど、今はそんなご時世じゃないですよね。

自分もそうでしたが「将来が不安だ」と言ってるだけでは何も未来は変わりません。

 

思い立ったらまずやってみてください!

失敗しても大丈夫です!

 

行動した分は全て自分の経験値として財産になります!